毎日、仕事と育児に奮闘中!!生活の中の他愛もない話を書いちゃいます
税金ちゃんと使ってほしい
 長年の不景気、企業もいっぱいいっぱい、それでも消費税を上げざるを得ない日本の状況。

消えた年金疑惑はどうなったのでしょうか?

政治家や官僚、日本を支える、税金を使う道筋を立てる人たちが中途半端なことばかりやっているから財政難になる。

大体、年金を増やすために投資って何でしょうか?

しかもその投資話が嘘で、騙されたからお金が消えましたって普通許されますか?


国民は必死に税金を納めていますよ。

中小企業も必死に働いて税金を納めていますよ。

でもその税金を受け取る人たちは、どんなに苦労して必死になって稼いだお金か知らないから、その痛みも汗も知らないから、その重みを分かっていないから、ただの紙切れとして安易に扱うのではないでしょうか。

日記 | 16:01 | author : シーコ
comments(0) | trackbacks(0) | -
能天気な母の相手をできるのは父だけかも
前回のつづきのような話なんですけど、もう少し書かせてください。
 私が見る限り父は海外を歩くときはいつも、それなりに気を張って危険がないか確認しながら 家族を守ってくれているように見えます。
 私はどうしていつも父だけが気を使って、母は能天気なのか納得行きません。 
私は母に「自分が何も考えないで楽しいときは、苦労して守ってくれている人が他にいることを忘れちゃだめだよ。
 苦しいことは半分づつ背負っていかないと片方がパンクするよ」 そういってしまいました。
 この話を聞いた母は傷ついてしばらく話をすることができませんでした。
 私はこう言うとき申し訳ないと思うと同時にめんどうくさいと思ってしまいます。
 母は箱入り娘です。幼いころからそのことは理解しているつもりですが、 私は時々母の発言によってすごくストレスが貯まります。 
こんな私は薄情な駄目人間なんでしょうか。明日からはまた母に優しくしたいです。 
 私にもちゃんとできるかな?
日記 | 21:13 | author : シーコ
comments(0) | trackbacks(0) | -
奔放な母にやきもき

 私は普段どちらかというと無口な方だと思います。


オバタリアンのように細かい事にグチグチと文句を言ったりすることは滅多にありません。


母と私は普段私達が一緒に過ごす時間の90%は仲良くしています。


でも私は相手に論理的でない話をされるとどうしても頭に来てしまいます。


論理的でない話だけではなく理不尽な会話についても同様に頭に来てしまいます。


先日もまた私は母を傷つけてしまいました。


母と父はたまに海外旅行に行きます。父と海外旅行に行くとき母はいつも


「私は何も考えないでただお父さんについて行くだけだから超楽しいよ」と言います。


海外旅行に行くとき母はいつも本当に楽しそうで、


海外は危険なところだということも全く気にしていないようです。


この奔放な母に比べて大変なのは父なんだと私は思います。


母はただついて行くだけなので、旅行の手配や旅のスケジュール管理、


現地での調整その他全てを父一人がこなしています。


頼れるお父さんなのですが、それに甘えっぱなしってのもどうなんでしょうか。

日記 | 17:01 | author : シーコ
comments(0) | trackbacks(0) | -
トルチャンチに参加して来ました

 韓国旅行に来て3日目。私は一緒に来た友人とショッピングしながら楽しんでいると、

韓国に住む友達から急に携帯に連絡が入り「トルチャンチに参加しない?」と誘われました。

「トルチャンチ」とは満1歳の子供の誕生日を祝う誕生会だそうで、

韓国ではこれを家で行うのではなくホテルなどで盛大に行うのが通常だそうなのです。

私は友人に「おもしろそうだけど知りあいじゃないのに行っていいの?」と聞くと、

友人は「普通は招待された人だけが来るそうだけど人数が少なくてテーブルが余っちゃってるから、

主催者の友達が是非来て欲しいって言っているのよ。」というのです。

「だったら言ってみようかな♪」と言うことで、私は人生初のトルチャンチに参加して来ました。

私と友人がトルチャンチがあるビルの1階に到着すると、友人が「私達がちゃんと来るかな?」と心配そうな顔で待っていました。

ビルの中に入ると入口で係りの人にシールを張られました。このシールが参加者の目安になるそうです。

食べ物は別室にビュッフェコーナーがあり、刺身やお寿司・果物やケーキなどがありました。

即席の冷麺やカルクッス(温かい麺)はその場で調理してくれたので出来立てで美味しかったです。

全体的な味はそこそこでしたがゆっくり食べて楽しむことが出来ました。

パーティのメインは「1歳の子供が幾つかの品物の中からどれを選んで手に取るか」という事らしく、

会場には聴診器やマウスまでが準備されていました。

子供が聴診器を取った場合は皆さんが想像する通り「お医者さん」です。

子供がマウスを選ぶと「IT企業に就職する」という事だそうです。

私達は今か今かと待っていると、子供が選ぶ前に一度その子のお父さんが皆の前にやってきました。

このお父さんはそれぞれの品物が載ったお盆を持って、踊りながら♪集まった友人のテーブルを回っていました。

韓国には恥ずかしがるお父さんや「やりたくない」というお父さんはいないのかぁと私は不思議に思いました。

音楽が鳴り止むと赤ちゃんが登場です。そして品物の中から選択する番が来ました!

今日の主役の赤ちゃんは何を選ぶでしょうか!?この子はたくさんの物の中から「鉛筆」を選びました。

鉛筆は小さい物なので最近は選ぶ子が少なくなっているそうです。

「鉛筆」を選ぶと「将来頭のいい子になる」という事だそうで、会場には拍手が沸き起こっていました。

2時間遅れで始まった会(すごい遅れ時間!?)でしたが、

始まってからはたったの15分で終わってしまうと言う何ともおもしろいパーティでした。

国が違うとこうも違うのかと私は驚きましたがとても楽しい経験でした。


ところで、韓国でも、今日本でブームの酵素ダイエットが人気だそうで、友人はわざわざ日本からお嬢様酵素、というファスティングダイエット用の酵素を取り寄せているそうです。
お国が近いと流行りものも似てくるんですね。

JUGEMテーマ:韓国
日記 | 15:25 | author : シーコ
comments(1) | trackbacks(0) | -
 
CALENDAR
 
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
 
 
CATEGORIES
 
 
ARCHIVES
 
 
MOBILE
 
qrcode
 
LINKS
 
 
PROFILE
 
 
PAGETOP